全国TOP >> 鹿児島/観光 >> 鹿児島 >> 仙巌園・磯庭園

仙巌園・磯庭園

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

仙巌園・磯庭園とは

仙巌園・磯庭園 薩摩藩主、島津氏の別邸跡および庭園で磯庭園とも呼ばれる。1658(万治元)年、第19代当主光久によって造園され幾多の改築が行われた。借景技法が用いられており、桜島を築山に鹿児島湾を池に見立てた広大な庭園。琉球を通し、中国文化の影響を強く受けた島津氏らしく、中国の作庭趣法が随所に見受けられる。1958(昭和33)年には国の名勝に指定された。
その他にも、日本初のガス灯を灯もした鶴灯籠をはじめ多くの史跡も残る。四季を通じて、各種イベントや催しも開催されている。
今週のランキング:25位 エリア:鹿児島
ジャンル:庭園 / 名勝 / / 史跡 / 文化財 / イベント /

概要

名称仙巌園・磯庭園
(せんがんえん・いそていえん)
営業時間8:30〜17:30(11/1〜3/15は〜17:20まで)
休業日無休
料金庭園コース:大人1000円、小中学生500円
御殿コース:大人1500円、小中学生750円
※御殿コースは、庭園コースに磯御殿案内と抹茶・お菓子のサービスが追加。また各種割引あり。
住所鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1
電話番号099-247-1551

アクセス

バス:JR鹿児島中央駅よりカゴシマシティビューで約30分。仙巌園前下車、徒歩すぐ。
車:九州自動車道、薩摩吉田ICより約10分。

鹿児島で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。